企業専属便


企業専属便とは

企業専属便は、PAULELEがお客様企業の配送部門として配送に関係する業務を代行する『配送アウトソーシングサービス』です。お客様企業に成り代わって配送を担当するドライバーは、経験豊富なベテランスタッフが担当します。お客様は、自社でドライバーの雇用や社員教育、さらには自社車両の維持管理や車両事故などの煩わしさから解放されます。企業専属便は、配送前のお荷物の仕分け業務や配送後の完了データの作成などお客様企業の要望に合わせ、カスタマイズが可能なサービスです。

利用方法の一例

・自社配送をしているが、本業に専念したいので配送部門をすべてを専門企業にアウトソーシングしたい。

・自社配送をしているが、繁忙期など忙しい時期に車両や人手が足らないので何とかしたい!でも、配送品質は下げたくない!

・自社配送社員の休みの日や早朝、夜間など決まった曜日や時間帯のみを依頼したい!

・現在、他社に配送を委託しているが、配送品質が悪いので新たに信頼が出来る配送業者を探している!

・輸送品質向上を考えており、他社の配送業者を利用しているが、もう1社追加して輸送品質の活性化を図りたい!

 

企業専属便は、お客様企業の要望に合わせ、カスタマイズが可能な柔軟なサービスです。配送できる商品も書類や工作機械、部品や食料品など様々です。大切な商品に最適な配送方法を用い、商品事故やトラブルを未然に防止できるのも企業専属便のメリットです。

企業専属便を導入する企業が増えている理由

企業専属便を導入する企業様が増えています。その理由として配送部門を自社雇用・自社管理から企業専属便にシフトすることで大幅なコスト削減が可能になるからです。自社配送社員の場合、その社員の給与以外にも様々なコストが発生しています。

(例)自社配送社員の場合

給与25万円+法定福利費=約30万円×12か月=360万円
賞与50万円×2か月=100万円
車両リース料3万円×12か月=36万円
任意保険料・燃料費6万円×12か月=72万円

(例)企業専属便の場合

企業専属便を契約する月額固定費以外、費用は発生しません
月額固定のため、経費計算がしやすい・計画が立てやすい
仕事の量に合わせ、契約車両の増減が簡単にできる
配送だけではなく、お荷物の仕分け作業など附帯サービスも充実

その他、車両の維持管理費や社員教育など様々な費用と時間が掛かります。上記の例で言えば、月額約48万円が発生していることになります。さらに交通事故や車両故障などのリスクもあります。

企業専属便は、自社配送社員で行うよりも沢山のメリットがあり、(例)月額固定35万円のみで自社配送に掛かる時間と手間を大幅な削減が可能となり、その分を本業に充てることができます。

 


PAULELEが選ばれる理由

PAULELEは、『お客様満足度向上以上の感動を与えられるドライバーの育成!』を目標にドライバーの雇用と人財育成に力を入れています。運送業である前にサービス業として信頼を得るために徹底したドライバー教育を実施しています。当社独自の教育マニュアルと優秀な先輩ドライバーの同乗教育や現場OJT指導により高品質なサービス提供を実現しています。

お問い合わせ

物流を熟知したPAULELEの企業専属便は、低コスト・高品質のサービスで必ずやお客様満足度以上の感動に繋がることをお約束致します。自社配送でお困りの際は、軽貨物輸送のプロフェッショナルPAULELEまでお気軽にご相談ください。

TEL   048-940-2313

FAX   048-940-2413